40代からのスキンケアQ&A記事一覧

手ごろな価格でスキンケアができるプチプラ化粧品が人気です。なかにはコストパフォーマンスに優れているものが多く、1000円台、場合によっては1000円を切る価格で購入できる製品もあります。スキンケアには何かとお金がかかりますし、継続して使用し続けるのが前提ですから経済的な負担も考えた上で製品選びを行っていくことが大事、それだけにプチプラは世代を問わず心強い味方といえます。ただ、そんなプチプラ化粧品に...

クレンジングと洗顔はメイクと汚れを落とすために欠かせないスキンケアの過程ですが、それがかえって肌に負担をかけてしまうケースも少なくありません。とくに老化が進行する40代の肌ではいかに刺激が少なく、優しいクレンジング剤と洗顔料を選ぶかがスキンケア環境の土台を決める上で重要なポイントとなってきます。クレンジング剤は刺激の少ないミルクタイプが40代の肌には負担が少ないまずクレンジング剤。選び方のポイント...

化粧水や美容液を使用する際に欠かせないのがコットンやパフを使用したパッティングです。手のひらで有効成分を浸透させるハンドプレスが注目されていますが、やはり基本はパッティング、という方も多いはずです。しかしこのパッティングは使い方を間違えると肌に負担をかけてトラブルの原因となってしまう恐れがあります。とくに40代を過ぎた肌は乾燥やバリア機能の低下の影響で刺激に対して敏感になっているため、誤ったパッテ...

乳液とは通常化粧水や美容液で補った有効成分が逃げ出さないよう肌に蓋をする役割として使用するものです。とくに40代の肌はセラミドやヒアルロン酸が減少することによって水分を保持する能力が低下しており、せっかく有効成分を補っても水分と一緒に失われてしまいやすいのです。そこで乳液で蓋をすることで有効成分の効果を最大限に高めよう、というわけです。しかしこうした従来の乳液の役割が変化しつつあります。お肌に蓋を...

エイジングケアにおける最大のポイントといってもよいのが肌への刺激をできるだけ避けることです。いくら優れた効果を備えた有効成分が配合された化粧品も肌への刺激が強いのでは十分な効果が得られるどころかかえって肌トラブルの原因になってしまう恐れがあります。年齢肌、とくに40代以降の肌は老化によるバリア機能の低下によって刺激に対して敏感になっているだけにとくにこの点が重要です。そのため、化粧品を選ぶ際には効...

コラーゲンといえば保湿成分として知られるとともに肌のハリやターンオーバーに関与する成分としても有名です。そのため数多くのスキンケア製品に配合されており、とりわけエイジングケア化粧品で重要視されています。このコラーゲンはたんぱく質の一種でもともと体内に存在しています。関節痛対策としても活用される機会が増えていますが、体の部位によってその内容や役割が異なっています。また、スキンケア製品に配合される場合...

一時期大ブームといってもよい人気を博したBBクリーム。海外製の製品が大きな人気を博してネットの通販サイトで注文が殺到して品薄状態に陥ったのも記憶に新しいものです。その時の熱狂的なブームこそ鎮静化したものの、その後も安定した人気を得ており、スキンケアの選択肢としてすっかり定着した感もあります。BBクリームは肌の治療後のケアに使われていたので、不安定な肌環境にも効果があるこのBBクリームが人気を集めた...

産毛の処理は女性のたしなみです。それだけでなくエイジングケアの一環としても大事な目的を持っています。産毛をしっかりと処理することで毛穴を狭くし、肌のを引き締めたり毛穴の開きを防ぐ効果が得られるからです。しかし産毛の剃り方を間違えてしまうと肌にダメージを与えてしまい、かえってシワやたるみといったトラブルの原因になってしまうこともあります。肌がカミソリ負けを起こして炎症を起こしたり、黒ずみを引き起こし...

冷え性はさまざまな不調の原因となります。むくみや立ちくらみ、慢性疲労などが代表的な例として挙げられますが、女性の場合は更年期障害や生理不順といったホルモンバランスの乱れを引き起こすケースも少なくありません。そんな冷え性はじつは美肌の大敵、とくに肌の老化と深く関わっています。冷え性と肌の老化の関係を踏まえておかないといくら一生懸命エイジングケアを行っても十分な効果が期待できないのです。体が冷えると血...

涙活とは涙を流すよう心がける活動のことです。現代社会は人と人とのつながりが希薄になっている影響もあって心から感動する機会が少ないといわれています。実際、大人になってから感動の涙を流す機会がどれだけあるでしょうか?思い起こしてもほとんど見当たらない、という方も多いはずです。ストレスによる自律神経やホルモンの乱れを改善する働きがあり、美肌に繋がるそんな中涙活が注目されているのは涙を流すことで心身にさま...

エイジングケアのポイントは低刺激とトラブルへの集中ケアの2点をどれだけうまく両立できるかにかかっています。肌への負担をかけずにシワ・シミなど気になる部分を集中ケアシミやシワ、たるみといったトラブルを集中的にケアしようと思うとどうしても肌への負担が大きくなってしまいます。化粧水や美容液、乳液、クリームなどを使用する必要がありますし、そのたびに肌を擦ったり、添加物の刺激などで負担をかけてしまうからです...

40代になったら日々のスキンケアをエイジングケア仕様に切り替える必要があります。肌の衰えの影響が目に見える形で表れるようになるため、30代までとは異なるケアが求められるようになるのです。シミ、シワ、たるみといったトラブルの進行を防ぎ、改善させるために必要なケアをしっかりと行っていく必要があります。保湿をしっかり行うことがエイジングケアの最大の鍵40代からのエイジングケアでまず踏まえておきたいのが肌...