エイジングケアにポイントを置いた洗顔料の選び方

エイジングケアにポイントを置いて洗顔料を選ぶ場合にはまず何よりも老化を進行させてしまうような洗顔を避けられる製品かどうかをチェックしましょう。スキンケアの土台とも言える洗顔の段階で肌環境を悪化させてしまっていることが多く、それを改善しないことにはいくら化粧水・美容液などでエイジングケアを行っても十分な効果が期待できないのです。

洗浄力が強いと、肌に必要な皮脂やセラミドまで流してしまう

エイジングケア選び方洗顔料

まずチェックするべきは洗浄力です。汚れをしっかり落としたいところですが、過剰な洗顔を避けるためにも「ほどほどな」洗浄力の製品を選びましょう。洗浄力が強すぎると水分保持に必要な皮脂までも除去してしまうことはよく知られていますが、さらにセラミドまでも洗い流されてしまうのです。

 

30代以降の老化がはじまった肌の場合この洗顔の時に失われる保湿成分の影響が非常に多く、乾燥とバリア機能の低下によって老化がどんどん加速してしまいます。ただでさえ老化の影響でセラミドが減少している状態ですから、さらに失ってしまうようなことは避けなければなりません。

 

この「ほどほどの」洗浄力というのが難しく、現代人は清潔意識が強すぎるためにどうしても強めのものを選んでしまいます。皮脂の分泌量が減少している肌はそれほど汚れが気になりませんから、あまりさっぱりした感触を求めず適度にしっとりとした製品を選びましょう。最初のうちは少し物足りない洗いあがりの方が適しています

洗顔でエイジングケアを行う際は泡立ちがいい洗顔料で、指で軽く触れる程度に洗う

エイジングケア選び方洗顔料

それから摩擦による刺激を避けられる製品を選ぶこと。1本でひと通りのケアができるため摩擦による刺激を避けられるオールインワン化粧品が人気を集めていますが、洗顔の段階でゴシゴシと強く擦って刺激を与えてしまっていては十分な効果は期待できません。

 

そのためにも泡立ちがよいかどうかを重視して選びましょう。濃密な泡で持ちがよいかどうかも大事です。理想としては指は軽く肌に触れる程度で泡の吸着力で落とせるような製品を選びたいところ。

 

このようにエイジングケアにポイントを置いた場合にはいかに肌に余計な負担をかけることなく肌環境を維持し、清潔な状態にできるかどうかが焦点となります。美容成分が配合されている製品も増えていますがまずこの基本的なところを徹底的に吟味するようにしましょう。

洗顔料のおすすめは?人気洗顔料の口コミランキング

エイジングケアで人気の化粧品口コミランキング

たるみ・しわ・くすみ…エイジングケアに人気の化粧品

アテニア ドレスリフト

しわたるみエイジングケア化粧品アテニア

24時間ケア!肌の変化に合わせた働きで乾燥からくるたるみに特化した化粧品
14日間トライアルセット1500円・税込
(洗顔石けん15g・化粧水30ml・日中用保湿乳液15ml・夜用保湿クリーム8g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

HAKU メラノフォーカスV

13年連続売上1!2種類の美白有効成分にシミの増殖を抑える新成分を配合!
2週間お試サイズ2,700円・税込 ※数量限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

口コミで50万本!1滴の水も加えない100%美容成分だけの高濃度保湿美容液
今なら15000円の美容液が2週間たっぷりお試し!
さらにリペアウォーター(化粧水・3000円相当)付で1,900円!通販限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

POLA B.A ザ アイクリーム

シワたるみ化粧品BA

2016年@コスメ・アイケア第1位!最高峰ブランドB.Aの高級アイクリーム
21,600円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!