私のシミの種類はどれ?美白成分では効果がないことも?

妊娠・出産で増えるシミ?肝斑の原因と対策

肝斑は女性特有のシミと言われています。

肝斑はホルモン分泌が変化などが大きな原因

肝斑

それも30代〜40代とかなり限られた年齢にできることが多く、シミの種類の中でもかなり特殊なものとして扱われています。

 

肝斑の原因は紫外線の影響に加えてこのしみ特有の要素も深くかかわっていると考えられています。

 

まだその詳しいメカニズムを解明し切れていない部分もあるのですが、ホルモンバランスの乱れと深くかかわっていることが確実視されています。

 

その証拠に妊娠・出産などホルモン分泌が変化しやすい時期や経口避妊薬を服用したときにできるケースが報告されているのです。

 

特徴としては必ず左右対称にできる点が挙げられます。左右の頬にできるパターンがもっとも多く、あちこちにポツポツとできる老人性色素斑との大きな違いともなっています。

 

また輪郭がハッキリせずにぼんやりしているのも違いのひとつ、この老人性色素斑との見極めは対策を適切に行っていくうえでの重要なポイントともなっています。

 

このシミがユニークなのはホルモンバランスの影響でできるだけでなく消えることもある点です。

 

妊娠・出産や月経不順などでホルモンバランスが乱れているときにできたかと思ったらバランスが改善されるといつのまにか消えている、といったケースが見られます。かなりとらえどころのないシミともいえそうです。

 

ただ紫外線の影響も少なからずあるため、紫外線を多く浴びているとメラニン色素の増加・沈着によって肝斑が濃く、治りにくくなっていきます。

 

そのため老人性色素斑と同様に基本的なシミ予防を行いつつ、肝斑ならではのケアが求められるのです。

トラネキサム酸の服用、ホルモンバランスを整えることが対策のカギ

肝斑

治療では皮膚科でのトラネキサム酸の内服薬が広く用いられています。トラネキサム酸といえば美白成分として美白化粧品にも使用されていますが、こちらは内服薬の形で活用しているのです。

 

ホルモンバランスが深くかかわっているだけに美白化粧品では十分な効果が得られないこともあり、なんとか解消したい場合には皮膚科への受診と治療を検討してみましょう。

 

あとはホルモンバランスを整える生活習慣の改善も欠かせません。ストレスの解消と睡眠環境の充実はとくに欠かせないポイント。

 

日ごろ心身の不調を感じている人や月経周期が不安定になりやすい人はスキンケアでの対策よりも前にその問題の改善を目指すところから肝斑対策をはじめてみるとよいでしょう。

 

なかなか厄介なシミですが、逆に言えば対策の効果が得られやすいシミともいえそうです。

 

老化によるホルモン分泌の低下など心身の不調を抱えやすい30代、40代の女性は肝斑ができにくい生活と健康を維持できているのか、見直してみてはいかがでしょうか。

エイジングケアで人気の化粧品口コミランキング

生まれつき?そばかすの原因と対策

そばかすは「雀卵斑(じゃくらんはん)」とも呼ばれており、シミが斑点のようにたくさんできる特徴を備えたシミです。

そばかすは遺伝的な要素が大きいシミの種類

そばかす

もともと欧米人にできやすく、日本人にはあまり見られないものです。小鼻や左右の頬にできることが多いのですが、顔だけではなくデコルテの部分にできることもあります。

 

このそばかすの大きな特徴は子どものころにできることが多い点です。

 

老人性色素斑をはじめとした他の種類のシミは30代以上、肌の老化が進み始めた頃から増え始めるのと際立って異なる部分ともなっています。

 

どうして子どもの頃にできるのかについてはまだはっきりとしたメカニズムは解明されておらず、遺伝的な要素が大きいと考えられています。

 

つまり生まれつきできる人はできる、できない人はまったくできないことが多いのです。

 

ただし、必ずしも遺伝的な要素だけでなく、環境が原因で発症したり、濃くなるケースも考えられています。

 

子どもの頃にできる場合、思春期にもっとも濃くなり、その後大人に成長していくにつれて薄くなっていく特徴があります。

 

20歳に達するころにはほとんどなくなっている、といったケースも。それに対して後天的な理由で加齢にともって逆に増えていく、濃くなっていくケースも見られるのです。

 

この点に関してもまだ解明しきれていない部分が多いのですが、紫外線が大きな影響を及ぼしているのは間違いないとされています。老人性色素斑と同じように紫外線を浴びると濃くなってしまうのです。

肝斑と同じくホルモンバランスも何らかの影響を与えているとも

そばかす

それから肝斑と同じようにホルモンバランスも何らかの影響を及ぼしているのでは、と考えられています。

 

そばかすがある人が妊娠すると妊娠中にそばかすが濃くなる傾向が見られ、これもホルモンの影響によるものと考えられているのです。

 

ですから疲労やストレス、睡眠障害といった原因でホルモンバランスが乱れがちな方は注意したほうがよいでしょう。

 

このように原因の段階でまだよくわかっていないことが多いため対策も紫外線対策、ホルモンバランスを整える、心身の健康を心がけるといった漠然としたものになってしまうのが現状です。

 

逆に言えば一般的なシミ対策を行っていればそれなりの効果が見られるともいえます。

 

それでもそばかすができてしまう、なかなか改善されないという方は遺伝的な要素を抱えている可能性があるのであまり深刻に考えないように努めることも大事でしょう。

 

美白化粧品もどれだけ効果が得られるのかわからない部分があるのであまり過剰なケアは避けたほうがよいかも知れません。

 

シミがブツブツと…脂漏性角化症の原因と対策

脂漏性角化症はシミといぼのちょうど中間のような症状が見られるものです。シミの種類の中ではもっとも高齢になってからできるもので、しかも解消が厄介なタイプでもあります。

脂漏性角化症の主な原因は紫外線と老化

脂漏性角化症

「老人性いぼ」とも言われており、40代〜50代ころからできはじめて60代に入ると急増します。60代の8割にこのシミが見られるといわれています。

 

ただ若いころにはまったく縁がないかといえば必ずしもそうではなく、20代、30代でも発症することがあります。

 

この若い年齢での発症には遺伝的な要素もかかわっているのでは、と考えられていますが、まだ詳しい点に関してははっきりと解明されていません。

 

原因はおもに紫外線と老化です。紫外線を浴びることでメラニン色素が増加し、それが角質に沈着を起こすとシミになる…というのはよく知られており、このシミは老人性色素斑と呼ばれています。

 

このメラニン色素が沈着を起こしてしまった角質はターンオーバーの過程でどんどん上へ上へ、表皮へと押し上げられていきます。

 

最終的に剥がれ落ちることでシミが薄くなっていくわけですが、このターンオーバーが乱れているとなかなか剥がれ落ちずにどんどん蓄積していきます。

 

いわゆる角質肥厚と呼ばれる状態ですが、この剥がれ落ちない角質がどんどん蓄積していくことで皮膚表面が盛り上がり、いぼのような状態になってしまったのが脂漏性角化症なのです。

 

なぜシミができた部分だけいぼのようにブツブツと突出した状態になるのかについてはまだ詳しいことは解明されていない段階です。

 

いずれにしろ、紫外線のダメージによってメラニン色素が沈着を起こし、ターンオーバーの乱れによって角質が蓄積していくことが大きな原因としてかかわっています。

紫外線対策だけでなくターンオーバー促進も積極的に

脂漏性角化症

それだけにこの2つをうまく日々のケアの中で行っていけるかがポイントです。一度できてしまうと解消が難しいので予防の段階から適切なケアを心がけたいところです。

 

まず日焼け止めで紫外線対策を行っていくわけですが、肌の老化がかかわっているだけに日焼け止めだけでなく保湿ケアでの乾燥とバリア機能の低下の改善も欠かせません。

 

バリア機能が低下しているとメラニン色素だけでなく活性酸素も増加させてしまうため老化をどんどん加速させる原因となります。

 

乾燥で表皮のカサつき、ゴワつきが見られる方はとくに脂漏性角化症が起こりやすいので気をつけましょう。

 

それからターンオーバーの活性化に関してはプラセンタやEGFといった美容成分に加えて睡眠環境や血行の改善も欠かせません。スキンケアだけでなく日々の生活の中でも対策をうまく取り入れていきましょう。

 

なお、できてしまった脂漏性角化症は日々のケアで解消するのは難しく、皮膚科での治療がもっとも効果的です。

 

液体窒素やレーザーによる治療が一般的に行われており、なんとか解消したいという方は皮膚科に受診して相談してみるとよいでしょう。

 

日焼けによるシミ、老人性色素斑の原因と対策

日焼けによるシミ、つまり世間一般でいうシミは老人性色素斑といいます。

老人性色素斑もっともポピュラーなシミで紫外線対策がもっとも重要

老人性色素斑

老人性という言葉が使われていますが必ずしも高齢者に起こるものではなく、30代からできやすくなり、40代になると発症リスクが上昇していきます。

 

いかにこのタイプのシミを防ぐことができるかがエイジングケアの重要なテーマといってもよいでしょう。

 

日焼け、つまり紫外線を浴びることでできるシミですから、うまく紫外線対策を行っていくことが予防のうえでもっとも重要なポイントとなります。

 

紫外線を浴びると人間の肌は防御反応として活性酸素が作り出されます。活性酸素といえば老化の原因としてよく知られていますが、メラニン色素の生成を促す影響も及ぼします。

 

茶褐色をしたメラニン色素の生成量が増加し、ターンオーバーで排出しきれなかった分が沈着を起こした結果シミになるのです。

 

ですから紫外線をできるだけ防ぐよう日ごろから心がけることが第一なのですが、それだけではなくどうして年齢を重ねるとこのシミができやすくなるのかを踏まえたうえで紫外線対策だけに留まらず広くシミ対策を行っていくことも大事です。

 

とくに重要なのが肌のバリア機能の問題です。

 

バリア機能が低下していると紫外線のダメージが強くなり、メラニン色素の生成量も多くなってしまいます。

 

多くなればその分沈着を起こしやすくなるわけですから、同じ紫外線の量を浴びていてもバリア機能が低下している人ほどシミのリスクが高くなるわけです。

美白ケアだけでなく肌そのものの老化対策も積極的に行いたい

老人性色素斑

もうひとつターンオーバーの問題もあります。

 

メラニン色素が増えてもターンオーバーが活発でしっかりと排出できていれば問題ないわけですが、ターンオーバーが乱れがちだとうまく排出しきれずに沈着を起こしてしまうのです。

 

肌の老化が進むと乾燥によるバリア機能の低下とターンオーバーの乱れの両方が進んでいくため、老人性色素斑のリスクがどんどん高まっていくことになります。

 

「老人性」という言葉が使われているのもこうした老化との密接なかかわりのゆえなのです。

 

シミ対策といえば美白化粧品でのケアが真っ先に思い浮かびますが、こうした原因を見てもそれだけではなく保湿対策やターンオーバーの活性化といったエイジングケアも重要なのは明らかです。

 

美白化粧品だけに頼ったケアではなく、肌そのものの老化を防ぎ、メラニン色素が沈着を起こしにくい環境づくりを心がけましょう。

 

もちろん紫外線対策も欠かせませんが、肌に負担をかけない範囲で行っていくことも重要なポイント、UVカット効果が強い日焼け止めほど肌への負担が大きくなるため、あくまで自分の肌に無理なく使える範囲内の製品を選んでいくよう心がけてみましょう。

 

ニキビがシミとして残る?炎症性色素沈着の原因と対策

シミの種類の中でも注意したいのが炎症性色素沈着です。

肌の炎症が起こっているとメラニン色素の生成量も増えてしまう

炎症性色素沈着

紫外線対策や美白化粧品でのケアだけでは十分にカバーできないことも多く、原因をしっかりと特定したうえで集中的なケアが必要になることもあるタイプのシミだからです。

 

炎症性色素沈着という名称からも推測できるように肌に起こった炎症が原因でできるシミです。

 

基本的な発生のメカニズムは老人性色素斑と共通しており、メラニン色素の増加と沈着によるものです。しかしメラニンが増える原因が異なります。

 

老人性色素斑の主な原因は紫外線ですが、こちらは肌の炎症です。

 

ニキビや湿疹、かぶれといった肌トラブル、さらに虫刺されややけどといった外部からもたらされたトラブルなどが原因で炎症が発生するとそのダメージから肌を保護するためにメラニンに色素が増加し、沈着を起こしやすくなってしまうのです。

 

紫外線の場合、浴びている間にメラニン色素が増加します。レジャーなどで日中外で過ごしても紫外線を浴びる時間は数時間程度です。

 

しかし肌に炎症ができていると1日中肌に刺激が及んでいる状態ですから、その分メラニン色素の量も多く、しかも継続的に生成されてしまう状態になります。

 

そうなるとシミができやすくなるだけに留まらず濃くなりやすい、さらには角質層の奥まで色素沈着が及ぶことで治りにくくなってしまいます。

炎症を防ぐことと起こってしまった場合の迅速な対応が肝心

炎症性色素沈着

こうした点からも炎症性色素沈着がいかに厄介なシミであるかが窺えるでしょう。

 

ですから対策としては炎症を防ぐのはもちろん、起こってしまったときに迅速な対応を心がけることがもっとも重要な点です。

 

とくにニキビは起こりやすく、長期化しやすいので早い段階からニキビケアを行っていきましょう。長引いてしまうとこの炎症性色素沈着の形でニキビ跡が残ってしまいかねません。

 

かぶれや虫刺されの場合は予防が第一でなるべく原因と接しないように努めましょう。虫刺されができてしまった場合には薬を使用するのが一番です。

 

それから紫外線対策も欠かせないポイントです。紫外線を浴びると炎症がますます悪化するうえにメラニン色素も増加してしまいます。

 

問題なのは炎症を起こした部分に日焼け止めを使用すると肌に負担がかかってしまいかねないこと、そのため帽子や日傘など直接日差しをさえぎられるアイテムやUVカット効果を備えた乳液、化粧下地などもうまく活用しながらケアしていく工夫も必要です。

 

あとはターンオーバーの活性化でメラニン色素が沈着を起こしてしまった角質の排出を促します。

 

この点は老人性色素斑と共通しているのでプラセンタやFGFなどの美容成分をうまく取り入れてみるとよいでしょう。

エイジングケアで人気の化粧品口コミランキング

たるみ・しわ・くすみ…エイジングケアに人気の化粧品

アテニア ドレスリフト

しわたるみエイジングケア化粧品アテニア

24時間ケア!肌の変化に合わせた働きで乾燥からくるたるみに特化した化粧品
14日間トライアルセット1500円・税込
(洗顔石けん15g・化粧水30ml・日中用保湿乳液15ml・夜用保湿クリーム8g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

HAKU メラノフォーカスV

13年連続売上1!2種類の美白有効成分にシミの増殖を抑える新成分を配合!
2週間お試サイズ2,700円・税込 ※数量限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

口コミで50万本!1滴の水も加えない100%美容成分だけの高濃度保湿美容液
今なら15000円の美容液が2週間たっぷりお試し!
さらにリペアウォーター(化粧水・3000円相当)付で1,900円!通販限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

POLA B.A ザ アイクリーム

シワたるみ化粧品BA

2016年@コスメ・アイケア第1位!最高峰ブランドB.Aの高級アイクリーム
21,600円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!